なんだかよくわからないところを楽しむところ。


by sonia1945
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30

土の中で待て命の球根よ

悲しいだけ根を増やせ(挨拶



つぉぉぉぉぉぉぉぉぉぉぉぉぉぉぉぉ。
朝でありんす。水曜日、折り返しです。お元気ですかー。
はい、今日もね、ふぁいとっ!ですよー。

(´・ω・`)

なんだろうね、仕事してると充実感だねー。
覚えるまでが大変、覚えてからはどうでもなるからさ。
と、言うことで今日もまた伝票とにらめっこ。
今日は責任者の方がいなかったけど、がんばりますよ。
それで社員の方からこれを預かりました。


ξ*゚⊿゚)ξ
ちょっと、アンタこれ使いなさいよ。
べ、別にアンタの為に買ってきた訳じゃないんだからっ。
芯外すのが不便そうだったから。それだけの理由なんだからねっ!!
か、勘違いしないでよね。アンタの事なんかこれっぽっちも考えてなんかないんだからぁぁぁぁ。


なんて展開があったかどうかは不明。多分無い。
むしろリアルでそんな事を言う女の人を未だかつて見たことがねぇ。
いたらいたでそれはまぁ… (*ノノ)

ほんでまぁ仕事も無事終え、先日出したYシャツを取りにクリーニング屋へ。
そして前回もいらっしゃったおばちゃんが今日も待っていらっしゃる。
あぁ、そうか。今日も1時間は帰れないんだね。
そいでやっぱりYシャツの受け渡し自体は5分程度だったんだけど、
その後の話がこれまた続く。おばちゃんすごいです。
手相とか見てもらいましたよ。凄く信憑性があるねー。なんだか。
まだ2回しか会った事ないのに深いトコをビシッと言い当ててくるおばちゃんスゴス。
おばちゃん曰く、これから良い出逢いがある、と。

Σ(゚Д゚)

あるといいですね。あるともさ。
おばちゃんの過去話とかして、気付くともうたっぷし話し込んでて
バイト夜の部に多少遅れてしまいました。やばばばばば。
でもね、結構為になる話しも聞けたし。俺は満足です。
おばちゃんには好かれるよ、どこいっても。俺って一体。


バイト夜の部。
到着したものの、すごくヒマだった訳で。
市場が休みだったからねー。雑談しまくりでしたお。
あ、干いちぢくを頂きました。うまいなー、アレ。
いちぢく自体あんま食う機会なかったけど、改めて食うとんまいね。
どうやら道の駅等で売られてる様子。買ってくかなー。
干柿も食べたくなりましたぞ。売ってるのじゃなくて、民家の軒下にぶら下がってる奴。
やっぱあーゆーのの方が美味しいよね。俺は好きだな。
庭に柿の木がある家に住みたいんじゃよ。夏の虫の駆除が死ねそうだけど。
スゲー、もう老後の生活を語りだしておりますよ。

会社に勤めて定年まで→10万時間
定年後の自由な時間 →10万時間

だ、そうです。ニュースで言ってた。
そういや定年後って俺は何して過ごすんだろう。
趣味?農作業とかは違う感じがするしなぁ。旅行?
そうだねぇ、バイクで転々とするのもおもしろいかもねー。
老人ライダーにはかなり哀愁と男気があると思いませんか、そうですか。
まぁ社会人生活が始まってもいない今からそんな事言ってもしょうがないんだけど。


今日のクリーニング屋のおばちゃんがそうだったんだけど、
多趣味なんだよねぇ。趣味があるとそれが生きがいにつながるんだねぇ。
まー、定年まで気長になにか見つけていくとしましょうかね。




はいー、本日ここまでー。
そろそろ引越し用の荷造りしねーとなぁ。
とりあえず土曜くらいから地道にやってかないといざって時にわたわたしちゃうからね。
スーパーとかに段ボールもらいに行かなきゃ。いるもの、いらないもの。
笑う犬とかひさびさに見たくなってきたかもねー。小須田部長。
卒業式前に一旦秋田に帰ろうかしらね。荷物軽減の為にネ。
よーし、明日明後日で今週も終わりだぞー。やらいでか。

んでわ。
よき夢を。
[PR]
by sonia1945 | 2006-02-22 23:14 | 情熱的日常